医師とアートメイク

2001年、厚生労働省により、アートメイクは医療行為とされました。つまり、免許を持った医師または看護師でなければアートメイクの施術に関わってはいけないということです。このあたりはとても重要ですから、アートメイクの施術を希望される方はご注意ください。

そもそも、なぜ、厚生労働省はそのような決まりを作ったのかということになりますと、それまでのあいまいな基準のためにアートメイクでのトラブルが相次いだからです。施術部分が腫れあがる、ケロイド状になる、肉芽腫になるなど、様々なトラブルがありました。こうしたトラブルは安易に医師免許のない人が皮膚に針をいれるという行為に及んだからです。こういった状況下の中で、アートメイクは医療行為であるということが定められました。

最近は、アートメイク施術はクリニックで受けるということが定着しつつありますが、まだ完全とはいえません。ですから、これから、アートメイクを受けたいとお考えの方はくれぐれもご注意頂きたいものです。クリニックで施術を受けていれば、たとえ肌に合わずに腫れてしまうことがありましても、すぐに診察してもらえますから、回復が早いですし、今後の注意事項等も医師から指示されるでしょう。このように、アートメイクと医師は重要な関連性があるのです。アートメイクで困った事がありましたら、すぐに医師に相談しましょう。